半月で「世界一」の座に登り詰めたFCoin(エフコイン)がFCoinJPを立ち上げ、遂に日本上陸!

近日中に、有名取引所FCoinが日本のチームと組み、FCoin日本(FCoinjp.com)を立ち上げることになりました。

FCoinは2018年6月に創立されて間も無く、仮想通貨取引業界に奇跡を起こしました。

わずか半月で取引高が当日取引総量の世界1位になり、なんと取引高第2位から7位までのトータル取引高にまで達しました。

最近、世界中にブームを巻き起こしたFCoinは、新しい取引所FCoinJPを日本に上陸させると正式に発表しました。

新しいプラットフォームでFCoin「取引マイニング」のモデルを再稼働しますが、このモデルは日本で爆発的な人気を獲得することができるでしょか?
FCoinの光り輝く業績は日本でも続くのでしょうか?

半月で頂点に

2018年、仮想通貨業界はとても賑やかです。

6月、FCoinという取引所が突如に誕生しました。

FCoinの創始者である張健氏はメディアに「これはトークンエコノミーにおいて偉大なる実験だ」とコメントしました。

張健氏は有名取引所「Huobi」の元CTOです。
「ブロックチェーン:金融と経済の新たな未来を定義する」という本を出版し、ブロックチェーン業界において最も早い伝道師の一人であり、「世界で最もブロックチェーンを理解している一人である」と称されています。

そして、FCoinはわずか半月で取引高が取引総量の世界1位の座に上り詰め、取引高第2位から7位までのトータル取引高に達していました。
その素晴らしいパフォーマンスは世間を驚かさせました。

FCoinが従来型の取引所と異なるところは、新たな「取引手数料マイニング」モデルを採用したところです。

「取引手数料マイニング」というのは一体どんなモデルでしょうか?なぜ世界中にブームを巻き起こしたのか?
FCoinホワイトペパーには、FT総発行量は100億、そのうちの51 %つまり51億を、「取引手数料マイニング」の形でユーザーに返還すると記載されています。

「取引手数料マイニング」というのは、ユーザーが取引中に発生した手数料を翌日にFCoinのToken(トークン)「FT」として100%キャッシュバックするのです。

例えば、あるユーザーは取引所で頻繁に取引し、一つのETHを手数料として徴収されました。

その場合、次の日にこのユーザーのアカウントに一つのETHが返還されることになります。

つまり、ユーザーの取引手数料は最終的にユーザーの元に戻ります。これは張健氏曰く「取引所をユーザーの手に」ということです。

このモデルの2つ目の魅力的なところは:FTを保有しているユーザーは、配当に参加することが可能です。

FCoinは毎日、前日取引所の収益の80%をユーザーに返還しています。

これは株の配当と似ていて、ユーザーが保有するFTの割合が多ければ多いほど、多くの株を持っているように、配当を多く貰えます。

例えば、昨日取引所の取引収益が100個BTCとして、ユーザーが総量の1%のFTを保有している場合は、1BTCが配当されます。

Coinは配当を大量に分配し始めると、ユーザーは熱狂的になり始めます。

FCoinは2018年6月20日、当日65,599BTCの価値に相当する手数料を返還しました。

この狂気の沙汰だと言えるほどの配当により、多くのユーザーが一夜にして億万長者になりました。

「一番ピークの時は、100万以上FTを保有しているユーザーの毎日の配当だけで、8.3個のBTCにも及ぶ。」

中国のユーザー陳思佳さんは毎日午後の配当時間になると、必ずパソコンの前で待機し、FCoinのアカウントを開いて、コインが自動的に増えてくるのをじっと見ていたそうです。

FCoinで取引の開始が早い投資家ほど、貰える配当が多くなります。

ある熱狂的で忠実なファンがFTに対して、配当の価値を計算しました。1枚のFTが誕生してから今まで獲得した配当は5.3274元人民元(約86円)となります。
最初に発行されたFTは0.000025ETH、そうすると25個ETH(現在大体57万円相当な価値)だけで100万個FTを購入することが出来ます。現在では配当がおよそ1億円となります。

つまり、FTは従来の仮想通貨と根本的な違いがあり、FTの配当という特徴が「億万長者」になる鍵です。

もちろん、FTのパフォーマンスは非常に良く、最高は0.002479個ETHに上がり、一度約100倍にまで至りました。

そして、FTは2018年に誕生したたぐいまれな百倍コインの一つであります。

新時代のブーム

FCoinはグローバル化の道を歩み、「取引手数料マイニング」モデルを再稼働することに決めました。

FCoinは「取引手数料マイニング」モデル全体に対して、基礎から最適化するためアップグレードを行い、従来のモデルに比べ、より完璧より潜在能力を発揮できるようになりました。

FCoinJPは日本においても100億のトークンを発行します。トークンの名前は「FJ」です、そして、その内の51%がユーザーの取引手数料マイニングで発生します。

FCoinJPのリーダーSummer Xieは「FCoinのモデルはトークンエコノミーにおいて初めての実践であり、人の潜在能力を十分にアクディプにし、偉大なるコミュニティーを構築することになる。このモデルは取引所だけに運用するのではなく、他の様々な領域で運用することもできる。」とコメントしました。

「FCoinはきっと日本でブームを巻き起こし、日本のユーザーにトークンエコノミーの魅力を感じさせることになるでしょう」とSummerが語りました。Fcoinは日本に上陸した後、様々の領域でトークンモデルを試みます。またそれによりトークン時代を全面的にスタートさせます。

Summerはそれを「偉大なる時代のスタートである」と語りました。

コミュニティに参加するには下記リンクよりお進み下さい。

 FCoinJPのコミュニティリンク

FCoinJPプラットフォーム:https://www.fcoinjp.com/

FCoinJP公認Telegram:https://t.me/fcoinchatjapanese

FCoinJP公認Twitter:foin_jp

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。