CivicのCEOが仮想通貨(ビットコイン)バブルが再び訪れることを予測

ブロックチェーンを使用した個人認証システムやセキュリティシステム開発に特化したプロジェクト「Civic」のCEOであるVinny Lingham氏は、今週南アフリカのヨハネスブルクで行われたイベント「Chain Reaction」で、仮想通貨市場とブロクチェーンアプリケーションの未来について語った。

Lingham氏は、仮想通貨プロジェクト・ブロックチェーン開発および仮想通貨市場の状況に焦点を充てた。

ブロックチェーン業界について同氏は、ユースケースの不足やスケーラビリティ問題により、大量採用にはまだまだ遠いということを指摘した。

ブロックチェーン技術が誕生してから10年ほど経過しているのにも関わらず、まだ開発状況は初期段階です。
Visaのような従来の決済システムで提供されている容量とスピードを処理するには、ブロックチェーンの拡張が必要でしょう。

ブロックチェーン開発者や新興企業は、ただお金のためにやるのでは無く、プロジェクトに対し情熱を持って取り組まなければなりません。

Lingham氏は、ブロックチェーンのユースケースが増加するにつれて、この問題は次第に変化してくるとの見解を示した。

市場予測

現在の仮想通貨市場については以下のように述べた。

ビットコインやアルトコインの価格は、昨年投資家によって引き上げられ、多くのICOが実施された。
今は買い手の数に比べ、ICOや通貨の供給量が多くなっているため、ビットコインやアルトコインの価格が下がっている。

さらにLingham氏は、仮想通貨市場は長期的に見るべきだとし、今後再び仮想通貨バブルが訪れると予測している。

人々は学ばないので、20万ドルを突破すれば100万ドルになるし、新たなバブル・バスト・サイクルが始まるでしょう。
これまで私は様々な種類の市場を見てきたが、弱気な市場ではビットコインのような高品質な通貨を併せて取引することが重要です。

仮想通貨が発展するには、一度公衆の注目から離れ、ゆっくりと安定した成長をしたほうが良いと、独自の視点から述べた。

ロシア連邦中央銀行が仮想通貨フィーバーは冷めてきていると主張

2018.10.19

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。