香港の証券規制当局のトップ「仮想通貨規制を検討しているが、全面禁止はない」と発言

香港の証券規制当局を担当している証券先物事務監察委員会(通称:SFC)は15日、仮想通貨に関係する投資家やユーザー保護として仮想通貨に関連する規制の導入を検討していることをSFCの会長であるCarlson Tong Ka-shing(カールソン・トン)氏が発表したことが分かった。

英国と香港の公認会計士を務めるCarlson Tong Ka-shing(カールソン・トン)氏は、中国政府の仮想通貨規制とは大きく異なることを説明し、異仮想通貨取引所を使用することに関しては禁止しない方針で進めていることを発表した。

さらにカールソン・トン氏はこれらの香港での仮想通貨規制について次のように述べている。

国境を超えて行われている取引が、インターネットが普及している世界で仮想通貨の取引を全面禁止することは難しい。これらの取引を禁止しようとしても、海外プラットフォームでの完全な禁止は防ぐことはできず、正しいアプローチではないと考えている。

現在、香港での仮想通貨プラットフォームはBitMEX(ビットメックス)やCircle(サークル)、OKEx(オーケイーエックス)など、多くの仮想通プラットフォームが拠点を置き、過去から現在までしっかりとした規制がない状態が続いてきた。

さらに同氏は「仮想通貨は新技術であり、有価証券として適格でない可能性を秘めているため、これらの規制するプラットフォームのアプローチを注意深く検討しなければならない」と述べ、仮想通貨取引所を規制する法的枠組みは必要だと次のように述べている。

我々は、これらの取引所が、ライセンスを取得した取引所と同等の標準に規制されるかどうか、さらに同時に投資家の関心を守ることができるかどうかを確認する必要がある。

投資家に関しては、SFCの規制に厳密に従わなければならないことや、投資家やオペレーターに対して最新の注意を腹らわなければいけないことを最近数ヶ月で警告しているようだ。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。