マルタ首相「仮想通貨は未来のお金となる」と国連総会で発言

現在アメリカニューヨークで開催されている国連総会2018にて、「ブロックチェーン島」と称されるマルタ島の首相ジョセフ・マスカット氏は以下のように発言した。

私はブロックチェーン技術が革命を起こし、これまでのシステムをより良くすると信じています。そのため、マルタはブロックチェーン島として活動している。
ブロックチェーンは暗号化された通貨を必然的に将来の金銭とするでしょう。透明性の高さは、悪いビジネスから良いビジネスをフィルタリングするのに役立ちます。

ブロックチェーン島としての台頭

マルタ島は2018年初頭より、仮想通貨及びブロックチェーン技術の発展のためエコシステム構築に注力してきた。
それ以来多くの仮想通貨取引所や、ブロックチェーン関連企業がマルタ島へ移転した。

特に話題となったのは、世界最大手の仮想通貨取引所BINANCEのマルタ進出だ。BINANCEのCEOであるCZ氏はローカルブロックチェーン業界の成長支援に専念していることで知られており、以下のように述べている。

我々はマルタが革新的なブロックチェーン企業の次なる温床となり、欧州ブロックチェーンエコシステムの中心となると確信している。BINANCEは、健全な規制枠組みを形成しマルタでさらなる成長を目指すブロックチェーン企業への資金提供と専門知識を提供することに尽力しています。

マルタのブロックチェーン島としての成功から、最近では韓国のソウル、釜山、済州島の地方自治体が成功を再現する意向を表明した。

韓国の国会がICOの解禁やブロックチェーンアイランド計画について議論

2018.08.22
運営の椎木
既存の利権をどのように破っていくのかが気になります。
このままテクノロジーが発展し、実際に金融や医療の面でブロックチェーンの技術が既存の技術を使えるレベルで上回れば実需は増加していきます。
マルタはシリコンバレーになれるのか、注目ですね。

ABOUTこの記事をかいた人

NEXTMONEY

NEXT MONEY運営です。 「話題性・独自性・健全性」をモットーに情報発信しています。 読者の皆様が本当に望んでいる情報を 日々リサーチし「痒いところに手が届く」 そんなメディアを目指しています。