モバイルウォレット

モバイルウォレット

モバイルウォレットは携帯に保存できるのが特徴です。

モバイルウォレットとは?

iPhoneやAndroid上のアプリとして動作するサイフです。QRコードが利用できる点や持ち運びができる点で、実際の店舗利用には非常に便利です。インターネットに接続せずオフライン環境のウォレットとして使用する場合を除いて、一般にウェブウォレットよりは安全だと考えられるものの、それでもセキュリティ面では不安があるため、多額のビットコインの管理にはおすすめしません。

なお、端末上にビットコインを保管せず外部サイト上にビットコインを保管するアプリや、マルチシグネチャにより秘密鍵の一部を第三者に渡す形式のアプリ、その他秘密鍵がスマートフォン以外の場所に保存されているウォレットはウェブウォレットに分類しています。

iOSはbreadwalletまたはCopay、AndroidはMyceliumまたはCopayがおすすめです。

その他にも最古のAndroidウォレットで信頼度の高いBitcoin Walletや、ビットコイン以外の仮想通貨もまとめて保管できるCoinomiなどがあります。

「breadwallet(ブレッドウォレット)」

breadwalletはiOS・Android共に対応しています。アメリカの企業が運営するモバイルウォレットですが、日本語対応もされておりシンプルでわかりやすいインターフェイスが特徴です。秘密鍵を使用端末で保存する仕様なので、管理会社がハッキングされたとしても自身のビットコインが盗まれるリスクはありません。少し使いづらい点として、ビットコインの単位がBTCではなく「b」と表記されます。1bは0.000001BTCなので、BTC表記に慣れている場合は注意が必要です。

「Mycelium(マイセリウム)」

MyceliumもiOS・Android共に対応しています。ただし、Androidしか日本語対応はしていません。breadwalletと同様に秘密鍵を使用端末で保存する仕様なので、セキュリティが高いです。breadwalletに比べるとインターフェイスが複雑で、慣れていない人は使いづらいかもしれません。

「Copay(コーペイ)」

CopayはiOS・Androidに加えてWindows・Mac・LinuxとPCにも対応しています。マルチシグネチャ対応で高いセキュリティを誇ります。インターフェイスもシンプルでわかりやすいです。他のモバイルウォレットと違う点として、ウォレット内でビットコインの売買ができるようになっています。海外の取引所であるcoinbaseとGlideraが利用できます。

と言ったところがおすすめのモバイルウォレットになります。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

PAGE TOP